2017年10月18日

着々と


大量のテキストが届いて圧倒されそうだが、まだ慶應大学通信教育部への手続きは残っている。
購入しなければならない書籍の注文や学費などの引き落とし口座の連絡など、ちょっと面倒だ。

しかしこれも新しい生活の第一歩であるのだろう。誤りのないようにしたい。


posted by ぶひぞう at 02:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

また来年


プロ野球埼玉西武ライオンズが東北楽天ゴールデンイーグルスに連敗し、クライマックスシリーズのファイナルステージ進出はかなわなかった。
それでもリーグ2位の成績は立派である。

来年はさらなる飛躍を願おう。

 
posted by ぶひぞう at 06:01| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

1問足りない…


昨日受けた情報処理技術者試験。出来は自分でも今ひとつである気がした。
夜には問題と多肢選択式の解答が発表されたので答え合わせしてみると、(午前1は免除)午前2は25問中14問の正解の見込みだった。
いわゆる「足切り」のレベルは例年6割なので、25×0.6で15問。つまり、1問正解が足りない…。
もう午後の採点を待つまでもなく、不合格確定である。

結果発表はまだ先だが、反省はするものの一刻も早く気分を切り替えよう。

 
posted by ぶひぞう at 09:17| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

良い気分で


昨日から始まった、プロ野球のクライマックスシリーズ。我が埼玉西武ライオンズは久々の出場であるが、相手となる東北楽天ゴールデンイーグルスに10対0の大差で勝利した。夏から着用の「炎獅子(えんじし)」ユニフォームの威力はまだ衰えていないのだろうか。今日勝てばファイナルステージに進出である。

そして僕のことを書けば、今日は情報処理技術者試験である。勉強は圧倒的に不足しているが、ライオンズの勢いそのままに(?)、全力を尽くすのみである。

 
posted by ぶひぞう at 07:33| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

無事到着


相次いで荷物が届いた。一つはけっこう大きな段ボール箱。中身にはテキストなどがいっぱい。
もう一つは簡易書留だった。中身は学生証などの重要書類。

これで、晴れて慶應義塾大学の通信教育部への入学手続きが終わり、正式に学生となったわけである。
送られてきたテキストの内容はまだ本をめくった程度の印象ではあるが、さすがに慶應という感じで他大学のテキストより格段にレベルが格段に高いようである。

放送大学との「二足のわらじ」状態であるが、ひるまず勉強に取り組もうと思う。

 
posted by ぶひぞう at 05:08| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

カレンダーを見ると…


カレンダーを見ると、今日は「13日の金曜日」である。
ただし、僕の周囲だけかもしれないのだが、最近はあまり「13日の金曜日」だということを話題として盛り上がるという場面が、家庭でも職場でもほとんどないように思える。これも映画や小説などで取り上げられるのが過去の作品となりすぎて新鮮味が薄れてしまったせいなのだろうか。

なぜ、特に欧米で13という数字が忌み嫌われるのか。民俗的なものやキリスト教の思想から来ているようであるが、はっきりとこれだ、という根拠は示せないのかもしれない。陳腐なテレビ番組ではないが、責任を追及されないようにある説明をしたうえで小さく「諸説あります」を申し訳程度に画面に出すのと同じか?

 
posted by ぶひぞう at 04:24| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

夏から秋へ


昨日の東京地方は、天気予報が外れて霧に覆われ涼しかったが、西日本は厳しい暑さとなった。
そして今日は、東京地方でも気温がかなり上がるという。

ところが明日は、気温が10度くらい下がっていきなり秋というか初冬の趣きとなるそうだ。気温の乱高下により体調を崩している方も同僚にいるし、僕も家族も今のところ無事だがこの先どうなるかわからない、
秋の長雨となって一週間くらい雨模様の日々が続くとの予報もある。この季節を無事に乗り切りたい。

 
posted by ぶひぞう at 04:33| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

あと4日だというのに(反省)


あと4日、つまり次の日曜日は、秋の情報処理技術者試験である。
先日は受験票が届いたが、はっきり言って準備はさっぱりできていない。
いつものことであり、原因は自分自身の甘さにあることは間違いない。それでも受験するだけは受験しに行こうと思っている。
せっかくの「午前1」免除の特典があるうちに、合格できると良いのだが。

 
posted by ぶひぞう at 07:50| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

息子の空手


昨日は、息子が通う空手教室の年に一度の大会だった。まだ始めてから1年にも満たないが、一応選手として出場できる。
結果は、よく頑張りましたという程度だが、最後まで諦めずにやり遂げたのは良かったので大いに褒めた。

空手は非常に多くの団体があり、息子の所属する団体は地域でそれなりに会員がいるが大きな上位団体があるわけでもなく、ある意味アットホームな雰囲気である。別にオリンピックを目指す訳でもないので、楽しみながら体力作りと精神修養をこれからも行ってほしいものだ。

(この記事は、2017年10月9日用に記述しアップロードするも反映されなかったものです。内容がパソコンに残っていたので改めて投稿します)

 
posted by ぶひぞう at 20:59| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まあ、こんなことも


いつも、このブログの更新は朝に行なっている。
昨日も記事を書き、投稿したところ動作が重く、うまく更新できたか未確認のままでいた。先ほど状況を見ると昨日分の記事が見えない。

毎日更新を心がけている記録が途切れるのは残念だが、不可抗力的なトラブルも世の中にあるので怒っても仕方がないことだ。もしサーバやパソコンに昨日投稿した記事の内容が残っていたら、復活できたら良いと思っている(そうしたら、連続投稿の記録継続と勝手に決めても良いですよね(笑))。

それはそうと、今日は衆議院議員選挙の公示日。これから投票が、終わるまでは、いつにも増して政治的な発言を控えなければと思う。




posted by ぶひぞう at 04:25| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

体育の日は明日


明日は体育の日。僕は違うが世間は3連休となる方も多い。

以前は、というより「昔は」と言った方が良くなってしまったかもしれないが、10月10日固定だった体育の日にくらべ、「ハッピーマンデー」とやらで無理矢理連休になる今はあまり実感がなくなっているような気がする。
それでも、この時期が気候的に一番良いとして東京オリンピックの開会式を持ってきたのは先人の卓見であったと僕は思うのだが間違いだろうか。少なくとも2020年のオリンピックが予定されている7月下旬から8月にかけての期間より、競技者にとっても観客にとっても適しているように思うのであるが。

そういえば、最近「アスリート・ファースト」という言葉を聞かなくなったなぁ。

 
posted by ぶひぞう at 08:27| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

戦力外通告…


プロ野球では、この時期になると来年は契約を結ばないという選手に対して「戦力外通告」が行われる。この制度は、そんなに昔からあるわけではなく、ある意味選手側の将来に配慮した制度であるという。しかしいくら実力の世界とはいえ、一抹の寂しさを感じる言葉だ。

最後まで順位争いをしていた埼玉西武ライオンズでも、昨日戦力外通告が行われた。上本・渡辺・鬼崎・木村・大崎など、7名の選手が戦力外通告となった。プロ野球は育成選手を除き1チーム70名までの選手としか契約できない制度になっているのであるから、毎年このくらいの人数の選手が戦力外通告を受けるのは仕方の無いことであろう。

実のところ、僕も今の職場で微妙な位置にいる。就業形態が契約社員や非正規雇用ではないので、契約打ち切り・失職というわけではないが、来年度は今のままの状態ではないような感じだ(まだ正式に決まっていないので、あいまいな表現ですみません)。
秋とともに、プロ野球では厳しい季節がやってくる。僕も同じか?
 
posted by ぶひぞう at 11:00| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

寒さ到来


プロ野球シーズンも終わりになったり、ノーベル賞が発表になったり、秋の風物詩とも言えるようなイベントが続いている。気温もグッと下がり、さすがに上着なしでは寒さを感じる朝も多くなった。

少しずつ、しかし着実に月日が過ぎていく。次の次の日曜日は、情報処理技術者試験を迎えることになった。
例によって勉強不足ではあるが、今の持てる力を充分に発揮したい。

 
posted by ぶひぞう at 04:40| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

1歩前進


僕には転職経験が一度ある。実はそのときの勤務に応じた年金記録が行方不明である。

過去何度か調べてみたが、どうしても分からなかったのだが、6月頃思い立って日本年金機構に相談した。その結果でも記録は見つからなかったのだが、少しだけ突破口が見えた。
以前勤めていた会社そのものではなく、関連団体の電話を紹介され、昨日電話で聞いてみると確かに在籍していたという記録があるとのこと。別の組織の方と電話でやりとりするなどして、結局そこの残っている情報をもとに年金の加入記録を復元するという方針が示された。

僕がしっかり記録を保管していなかったのが悪いといえば悪いが、何せ昭和の時代のことである。当時は年金記録のことなど誰も無関心(信頼しきっていた)だった時代である。

いずれにせよ、1歩前進したと言って良いだろう。少し明かりが見えた。

 
posted by ぶひぞう at 04:39| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

僕のラストゲーム


昨日はメットライフドームにプロ野球埼玉西武ライオンズvs東北楽天ゴールデンイーグルスの試合を見に行った。レギュラーシーズンもあと2試合であるが、僕が観戦するのは昨日で終わり。クライマックスシリーズやその先日本シリーズが開催されても、仕事の都合等々で生観戦は無理だろう。

試合はエース菊池雄星投手の力投と打線の爆発で見事に勝利した。特に今シーズン加入の源田選手が、あの長嶋茂雄さんの持つ新人安打記録を更新して単独3位になったのも良かった。これで、菊池選手が沢村賞を、源田選手が新人王を取ってくれれば最高なのに、と思った(決して夢物語ではなく、両方とも有力である)。

もうすぐプロ野球シーズンも終わりだが、今年は最後まで楽しませてもらっている。この勢いで最後まで。

 
posted by ぶひぞう at 08:31| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

手続き完了!


昨日、無事に慶應義塾大学通信教育部の学費を支払った。

銀行振り込みが指定されているのであるが、振込票が送付されてきたので窓口で手続きしなければならない。
昨日やっと時間ができたので銀行へ赴く。案の定まず入り口で振り込みをしたい旨告げると、口座はありませんかと聞かれた。これで学費を払いたいと振込票を見せ、番号札を貰う。

ほどなく順番が来た。金額が10万円を超えるので、振込票と現金、そして運転免許証を渡す。と、なぜか免許証が返された。マネーローンダリング規制で本人確認が必要なのでは、と思い確認すると、これは学費だから本人確認がいらないとのことだった。何だか今ひとつ納得のいく説明ではないのだが、特段こちらに不利になる話ではないので、ひとつ勉強になったというべきだろう。

これで、慶應義塾大学の通信教育部に入学する手続きは全部済んだはずだ。規則上では10月1日付けで入学が許可されるはず。教材や学生証などの到着を楽しみに待つことにしよう。
帰宅途中に書店に寄ったら、ちくま書房から福沢諭吉著「学問のすすめ」の現代語訳版が出ているのを見つけた。せっかく慶應義塾大学に入学するのだから、創始者福沢先生の著作を読んでみたいと思って購入した。現代語訳版を読了したら、次は文語体で書かれた原著に挑戦かな。

 
posted by ぶひぞう at 10:38| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

ちょっと秋風


プロ野球は、クライマックスシリーズの出場権や開催権を巡って熾烈な争いが繰り広げられている。

セリーグでは横浜D eNAが追う讀賣を振り払って何とか3位に滑り込んだ。パリーグは、僕のひいきである埼玉西武ライオンズが開催権を取るために頑張っている。クライマックスシリーズが始まって10年くらいになるが、それまでは消化試合が大量にでていたのだからポストシーズンの導入はまあ成功なのだろう。

そしてこの時期になると、来期の新人のためのドラフト会議が話題になる一方、引退する選手や戦力外通告を受ける選手の話が聞こえてくる。少し寂しいが、これも厳しい世界の掟なのだろう。

僕はプロ野球選手ではもちろんないし、一年契約の労働条件ではないが、少しだけ同じ境遇にいる。そして来期というか、今後の仕事について大きな決断をしつつあるところだ。
もうしばらくしたら、このブログでもご報告できると思う。それまでは少々持って回ったような言い回しになってしまうが、お詫びしておきます。申し訳ありません。

なお、決して「希望の党」から衆議院議員選挙に立候補するとか、そういった類の話ではありませんので念のため(笑)。


posted by ぶひぞう at 03:15| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

気分も新たに


新しい月、そして年度の下半期のスタートである。
なかなか銀行に行けなかったが、合格した慶應義塾大学通信教育部の学費振り込みも明日には出来そうである。
それとともに、ハシゴ勉強(?)の放送大学の学習も始まる。中旬には、情報処理技術者試験も控えている。
また多忙になりそうな日々が続くが、これも自分で選んだ道である。

 
posted by ぶひぞう at 04:53| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

そろそろ衣替え


最近は「クールビズ」なる言葉のためか少々あいまいになっているが、そろそろ衣替えの季節である。
衣類はもちろん、我が家でも扇風機などをしまってストーブを出す時期が来たようだ。
今日の休みを利用して入れ替えを行わないと、あっという間に寒くなってきてしまう。
そんなに、のんびりとはしていられない。

 
posted by ぶひぞう at 09:27| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

混沌の上半期


実質、今日で9月が終わる。つまり年度でいうと上半期の終了である。
まだ今年(度)を振り返るには早いのだろうが、昨日解散された衆議院とその総選挙を巡る野党の迷走(と言って良いのでは?)ぶりを見ると、今の日本の将来性のなさを端的に表しているように思う。

僕などにもさっぱりわからないが、もっと分からないのが末端にいる支持者などだろう。例えば都道府県議会の議員や市区町村議会の議員、それに地元の支持者などはどう思っているのか。政治活動をしようにも、有権者から素朴な疑問というか鋭いツッコミを受けたときに、まともに答えられる方はおられるのだろうか。

それより大変なのは、市区町村の選挙管理委員会の方。あと2週間もたたないで公示となるので、10月の10日までに少なくともポスター掲示場や投票権の発送準備を終えなければならない。誠にお気の毒である。

 
posted by ぶひぞう at 04:45| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

大雨の朝


昨夜から降り始めた雨が強くなってきた。
交通機関の乱れもあるかもしれない。
こんな時こそ焦らず、安全第一で。

posted by ぶひぞう at 04:37| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

嬉しい知らせと、嬉しくない知らせ


昨日帰宅すると、2通の封筒があった。

一つは嬉しい知らせ。慶應義塾大学の通信教育部からの合格通知だった。
合格したということは、学費を払わなければならない。10万円を超えているので、ATM等ではできないので時間を見つけて銀行の窓口で払い込みをする必要がある。まあこれも仕方の無いことだ。

もう一つはあまり嬉しくない知らせ。日本年金機構からで、調査を依頼していた僕の年金記録について。受付から3ヶ月待たせたあげく、まだあれこれ書類が足りないから用意しろとの、ちょっとふざけた回答であった。こちらは仕切り直しが必要かもしれない。

とにかく、今優先すべきは慶應義塾大学関係の手続き。用意してある住民票も郵送する必要がある。こちらはさっさと送ってしまおう。

 
posted by ぶひぞう at 04:42| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

「びっくり」と「やっぱり」


パンダの赤ちゃんの名前は「シャンシャン」。「香香」で「香港」の「香」だから「ホンホン」なのかと思ったらそうではないようだ。

同列に論じるのはどうかとも思うが、そのパンダの名前の発表後ほどなく、小池都知事が主催する新しい政党の発表。そしてその数時間後は安倍首相による衆議院の解散宣言と、政治が慌ただしくなってきた。

「びっくり」と「やっぱり」。これからどうなる?

 
posted by ぶひぞう at 04:38| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

季節の変わり目


夏の終わりというか秋の初めというか、この季節特有なのかも知れないが気温も乱高下している。半袖でも暑かったり長袖でも寒さを感じたり、体調管理も難しい。
娘も体調を崩して発熱してしまい、妻もなんだか調子が優れないようす。僕も何となくやる気が起こらなかったりして、遊びに行く予定をキャンセルしてしまったりしている。

これも一時的なものだと思うが、無理をなるべくしないで過ごしていきたい。

 
posted by ぶひぞう at 09:35| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

嬉しい知らせ


予想もしていなかった良い知らせがあると、あらかじめわかっていた吉報より嬉しいのかもしれない。

職場で受けた試験の結果が出ていたのを、同僚に教えられるまで全く気づかなかった。確かに先月受験したが、合否の発表はまだまだ先だと思っていたのだ。

試験自体は職場独自のものであるから対外的に通用するものではない。しかし受験者が80人弱で合格者が13人であるから、結構難関と言ってもよいだろう。僕自身の中では少し誇らしい気持ちだ。

この勢いで、あと3週間ほど先の情報処理技術者試験も合格、といきたいものである。あくまでも希望であるのだが。


posted by ぶひぞう at 01:29| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

少しずつ、先へ


そろそろ、願書を提出している慶應義塾大学の通信教育部から合否通知が来ても良い頃である。昨日は郵便が到着するかを待っていたが、結局来なかった。来たら即、学費を払うなどの手続きを進めたかったのだが少し残念である。それでも来週中には通知が来るはずだ。楽しみに待っていよう。

他にもいろいろ考えることはあって、昨日は少しだけ準備もできた。何事も一足飛びに進めることは出来なくとも、少しずつ進めていけばいつの間にか大きく前進していることを信じたい。
もうすぐ9月も終わる。10月から気分も一新して進みたい。

 
posted by ぶひぞう at 05:08| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

あと1歩


昨日は少し久しぶりにメットライフドームでプロ野球埼玉西武ライオンズの試合を観戦した。
平日の夜にもかかわらず、2万人近い観客で賑わっていた。ライオンズ先発の菊池雄星投手は今ひとつ調子が良くないようだったが、後で読んだ記事によると発熱があったとのこと。大事に養生していただきたいものだ。

ライオンズはクライマックスシリーズの出場は決まっているが、2位になるか3位になるかは残り試合の関係で微妙。惜しい試合だったが、敗れたのでちょっと厳しい状態になってきている。
また、昨日は千葉ロッテマリーンズとの今季最終戦だったので、試合終了後マリーンズ選手がライトスタンドのファンにご挨拶。その後ベンチに戻ってくるときに、期せずして球場全体から大きな拍手が起こった。今季で辞任するマリーンズの伊東監督に向けた拍手である。応える伊東監督に、さらに大きな「伊東コール」。伊東勤監督はライオンズの名捕手であるとともに監督であった経験もあることから、マリーンズファンのみならずライオンズファンからも大きな声援が贈られたのである。

すこし寂しいものの、素敵な光景だった。

(9月25日訂正 「伊藤」監督ではなく「伊東」監督でした。訂正してお詫びします)
 
 
posted by ぶひぞう at 09:00| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

もうすぐ上半期が終了


1年を4月で区切る年度で言えば、9月までが上半期・10月からが下半期となる。あと10日あまりでその上半期が終わることになるのだが、振り返ってみると充実しているような、かといって満足度は決して高くないような半年だったようにも思えてくる。

具体的にいえばいろいろと結果が出せているように感じたりしているのだが、反省点も多く、何とか一つでも二つでも下半期には実現したい目標がある。
焦ることはないが、着実に進んでいければよいと思う。

 
posted by ぶひぞう at 09:19| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

総選挙ですか・・・


今までは単なる噂程度であった衆議院の解散総選挙が、突然確度の高い情報として出てきた。新聞やテレビでの報道の様子を見ていてもどうやら本当に実施されるようだ。

この選挙が政治的にどうだとかは僕はこのブログで主張するつもりはない。しかし本音の気持ちでは、「何で今?」というのが正直なところである。
僕は選挙に行く程度のかかわりであるが、選挙を実施する自治体の方々などはとんでもない忙しさになるだろう。日頃「働き方改革」だとかカッコ良いことをおっしゃっていても、こういった「修羅場」になるとしわ寄せを食らうのはいつも現場である。選挙に限った話ではないが、様々な物事を会議室だか料亭だか知らないが、勝手に決めるのは誰なのだろうか。

 
posted by ぶひぞう at 04:41| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

あるかも?「下剋上」


昨日はプロ野球セントラル・リーグの広島東洋カープが優勝を決めた。
テレビや新聞での話題がカープ一色となるのはしかたないが、埼玉西武ライオンズの戦いもすごかった。

3連戦の初日に福岡ソフトバンクホークスに優勝を決められ、昨年の北海道日本ハムファイターズに続き2年連続で本拠地で相手に胴上げを許すという屈辱を味わった。しかし一昨日は押し出し四球によるサヨナラ勝ち。昨日は一時11対4と大きくリードされながら徐々に点を入れていき、最終的には14対13で延長10回に連日のサヨナラ勝ちである。僕は諸般の理由により球場へ足を運ぶことができず、家でインターネット中継を見ていたが、チームの勢いを感じる試合であった。

レギュラーシーズンが終わると日本一を決めるクライマックスシリーズである。この勢いで勝ち進み、日本シリーズ出場・優勝を決めて欲しいと思いながら映像を見ていた。それにしても、再着用となった埼玉西武ライオンズの赤いユニフォームは、本当に神がかり的に強い。

 
posted by ぶひぞう at 04:38| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

行けるかな?


台風は日本列島を縦断し、各地では被害が出ているようである。こればかりは祈るしかないが、少しでも被害が少ないことを願いたい。

無理は禁物であるが、今日の天候が回復すれば、娘とメットライフドームへプロ野球埼玉西武ライオンズの試合を娘と見に行きたいと思っている。もう優勝は福岡ソフトバンクホークスに決まったが、ライオンズも2位をキープしており、クライマックスシリーズの行方が気になるところである。

この夏着用して素晴らしい成績をあげた赤いユニフォームを再び使用して行われる今日の試合も、盛り上がると良いと思う。そろそろ親と行動を共にすることを嫌がる年齢になっている娘も、まだ野球観戦には付き合ってくれるようである。

 
posted by ぶひぞう at 00:13| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

教材が届いた


昨日、帰宅すると家におなじみの郵便物が届いていた。放送大学のテキストなどの教材である。
いつもながらの早業には感心するが、感心ばかりしていられない。これで10月からの勉強もそれなりに頑張っていこうと思う。

インターネット上の情報では、そろそろ願書を提出した慶應義塾大学の通信教育部からも合否の通知がある時期となってきた。近年は願書を提出しても不合格になる方が結構おられるとのことで少々不安ではあるが、こればかりは今から気を揉んでもしかたがないことである。

今日は台風が接近しているので、外出は控えて学習の準備でもすることにしよう。

 
posted by ぶひぞう at 08:45| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

バスケットボールも忘れずに


最近は、野球やサッカーの話題が多いが、今月末からはプロバスケットボールリーグもはじまる。
去年からBリーグとして始動したが、昨年は確かに物珍しさもあって盛り上がっていたように思う。

今年は、B1のアルバルク東京が、ホームゲームを新しい会場の立川立飛で行うとか、B2の東京エクセレンスがB3でのスタートなど、興味深い動きもある。

どこかのチームのファンクラブにでも入って、観戦に行きたいとも思っている。


posted by ぶひぞう at 01:25| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

赤いユニフォーム、ふたたび


プロ野球はセ・パ両リーグとも佳境に入り、優勝チームが同時に決まりそうな勢いである。そんな中、僕のひいきの埼玉西武ライオンズは2位をキープすべく頑張っている。福岡ソフトバンクホークスの優勝マジック対象である東北楽天ゴールデンイーグルスとの2連戦を連勝し、いい感じとなっている。

それは、今年の夏着用した赤い限定ユニフォームの力によるのかもしれない。あまりにも縁起が良いというので一昨日から再び着用するようになったが、いずれも接戦をものにしている。
この勢いを保ち、ぜひとも久々のクライマックスシリーズ出場を、それをホームゲームで迎えてもらいたい。

 
posted by ぶひぞう at 04:40| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

iPhone10年を想う


予想通り、発表されたiPhone XとIphone 8(Plus)。今回は事前リークが多く、少し衝撃は小さかった。
それでも「iPhone X」という名称の由来を聞くと、感慨深いものがある。iPhoneイコールスマートフォンの歴史と言って良いだろうが、まだ本格的に「スマートフォン」なるものが使われ出してまだ10年しか経っていないのだなぁと思ったのだ。

僕もその10年前からスマートフォンを使っていたわけではないが、今や他の方も同じであろうが、スマートフォン(iPhone)無しでの生活は考えにくいほど身近なものとなっている。スマートフォンについてはネガティブな意見を言うことが逆に「意識高い」ような変な風潮も一部にあるが、どちらかと言えばエンジニア寄りの僕の立場からすると、10年を降りかえってみるとまさに変革の時代だったように思う。

これからどうなるのか。まだ年代的にその歴史に立ち会えるのだと思うと楽しみである。

 
posted by ぶひぞう at 04:38| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

なぜ、ウソをつく


日本時間の今朝発表された、スマートフォンの新しいiPhoneは、事前リーク(?)された通りのiPhone XとiPhone8(Plus)のラインナップだった。まだ各キャリアからの詳細は発表されていないし、実は意外に重要な画面の保護フィルム(ガラス)やケースなどもまだまだ出揃っていないので、まだあまりコメントできない状況である。それでもやはり、僕も機種変更するのだろうなぁと思っている(今の構想では、iPhone8にしようかなと)。

コメントといえば、最近とくにテレビなどでの「ウソ」が気になる。女性タレントの不倫相手だと名指しされた医師が、そのタレントとのキス写真を暴露されても、あれはコラージュ(合成写真)だ、コメントする価値もないというような趣旨の発言をしていた。ところがさらに、その女性タレント宅で、女性用下着をかぶって撮影した写真までもが暴露されるに至って、態度を一変。双方とも不倫を認めるという事態に陥っている。

ここで疑問なのは、不倫はもちろん良くないことではあるが、その是非ではなく、なぜすぐ露呈するようなウソをつくのかなぁという点だ。人間である以上、僕もウソをついた経験は多々あるし(他の人もそうでしょう?)、ウソをつくことが悪いのだ、などと高飛車で断罪するつもりはない。しかし、今あげた例などは、メディアや人々の力を持ってすればすぐにばれてしまうウソであるということに気がつかないのだろうか。これで女性タレントや医師の信用は著しく失墜するだろうし、場合によっては回復不能かもしれない。

さらに、「保育園落ちた、日本死ね」などというツイートを引用し、大変勇敢に国会で政府を攻めていた女性議員もいる。こちらも不倫(と思われる)事態がばれ、内定していた役職にもつけないばかりが離党する羽目になってしまった。彼女もまた、一方的にコメントを読み上げる「記者会見」だけで事実を否定し、質問には一切答えず逃げてしまった。不倫はしていないが、世間を騒がせた、党に迷惑をかけたから、という何が何だかわからない理由での辞任だと本人は言っている。
不倫はしていない。相手の男性弁護士とは同じホテルに入ったことはあるが一緒に宿泊しておらず一人で泊まったと頑強に主張しておられるが、不倫をしているかしていないかの証明はできなくとも、次に来る突っ込みとしては、当然そのホテルで支払った領収書の公開だろう。そこに記された宿泊人数が一人なのか二人なのか、まさかこの期に及んで「プライバシー」を盾に逃げおおせられないだろう。

これ以外にも「このハゲー」暴言の方とか、元アイドル歌手から国会議員になった方の問題とか、政治家の話やそのほかの著名人のスキャンダルでも、「陳腐なウソ」「稚拙なウソ」「苦しい言い訳」があまりにも多すぎるようと感じる。ご本人はもとより、周囲の方々が適切なアドバイスをすると良いように思うのだが、不可能なのだろうか。

 
posted by ぶひぞう at 09:26| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

祈念の日が続く


昨日は東日本大震災から6年半。そして、アメリカの同時テロから16年の日である。各地で祈りを捧げる催しも行われたのだが、果たして僕らは大災害に対して、そしてテロや戦争に対して、「進歩」と言えるような具体的な取り組みは出来ているのだろうか。簡単に答えを出せるとは思わない。

そして今日というより、アメリカ時間なので明日の未明になるが、アップル社の新しいiPhoneが発表されるとのことだ。これも種類は違うが、我々の生活にとって大きなトピックであることは間違いない。
どんなものなのか、注目している。

 
posted by ぶひぞう at 04:42| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

何でもあり?


週末のTVでは、1週間を振り返るような番組が多く放映される。
その中でどうしても気になったニュースが一つ。

秋篠宮眞子さまと小室圭さんの婚約記者会見の模様を紹介した番組は少なくなってきたが、その中で先日の記事でも書いた、小室さんが買った料理本の話題をある放送局が取り上げていた。
その結果わかったことがひとつ。小室さんがその本を買ったという情報は、どうやらその書店からもたらされたものであるようなのだ。記者会見で自ら紹介されたのならともかく、番組では書店員が、小室さんと思われる方がこの本を買っていかれました、とその料理本をカメラに見せていた。そしてその本が売れていると著者にまでインタビューしていたのである。

どうなのだろうか。客が、それも本人であるという確証もないまま、この本を買いましたと勝手に紹介するなんて。誰がどんな本を購入するかなどということは、それこそプライバシーの塊だろう。少し前、とある飲食店の関係者が、著名政治家が食事に来て、支払いは何とかカードだったと具体名をあげて公開してしまい、「炎上」したことがあったが、この小室さんの本も同じことではないのか。個人の趣味嗜好に関する情報を勝手にさらすのもひどいと思うが、それを得々として報道するテレビ局の姿勢も疑われる。

それでも、視聴率さえ取ってスポンサー収入が増えればよい、「何でもあり」の世界なのかな。

 
posted by ぶひぞう at 04:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

行かずに良かったかな


昨日は、当初の予定ではメットライフドームにプロ野球埼玉西武ライオンズの試合を観戦しに行こうかと思っていたのだが、病気ではないものの家人の調子が今ひとつよろしくなかったので、外出は控え家にいることにした。
契約しているスマートフォンで試合を見たが、展開は投手戦となり、1対0でライオンズがファイターズに惜しくも負けた。惜しいといっても負けは負けなので、観戦していても面白い気分にはならない。まあ行かずに正解だったかもしれない。

夜はTVでFC東京戦を見たが、こちらも敗北。しかも4対1の惨敗である。いくら相手が上位のセレッソ大阪だと言っても、これはひどい。ここ何年かの歴代Jリーグ得点王(前田・ウタカ・大久保(嘉))を揃えても勝てず、直近のルヴァンカップの試合では5点取られ、昨日は4点である。まだJ2の降格圏にはいないとは言え、こんな成績では監督解任の話が出るのも無理はない。

いずれにせよ、ひいきのチームの負け試合はつまらない。次回に期待をつなごう。

 
posted by ぶひぞう at 07:14| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

無事に支払い完了


昨日にちょっと書いた、放送大学の学費の払い込みが無事に終了した。
来期は3科目6単位なので、学費は3万3千円。これをコンビニエンスストアで支払った。手数料は5万円に満たないので、108円だった。

いつも感じることでこのブログの記事にも何度も書いているが、8円を消費税とすれば手数料は実質100円である。銀行振込料金などにくらべ圧倒的に安い。これでも利益が出ているというのだから、「手数料」って何だ? という疑問も出るのだが、僕らの利便性を考えれば圧倒的に便利な時代になったと思う。

こんなに便利なのに、利用しないのは(勉強しないのは)もったいない、と思う。

 
posted by ぶひぞう at 07:56| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

まずは、放送大学


一昨日だったか、放送大学から封筒が届いた。
中身は先日申し込んだ後期の履修単位の決定通知書。そして学費の振込用紙だ。

いつもながら素早い対応だ。これで学費を払うと、今月中にテキストが届き、学習ができるようになる。なるべく早く、支払ってしまおう。


posted by ぶひぞう at 00:46| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

天候不順が続く


9月に入って1週間がたったが、東京ではいつもの年ならまだまだ残暑厳しい時期であるのに、今年は雨が多くときには上着がないと寒さを感じるほどである。

「異常気象」という言葉で断じてしまえばそれで終わりなのかもしれないが、たまには青空の下を歩きたいという気持ちも起こる。もうすぐ初秋の爽やかな季節となるはずだが、なんだか今年は望み薄なのだろうか。
季節感が乱れると、何だか気持ちも混乱してくるような気がする。

 
posted by ぶひぞう at 04:37| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

新しいステージへ


つい先ほど終わった、サッカーワールドカップ最終予選で日本代表チームはサウジアラビアに1−0で破れた。
本当なら勝って欲しいところだが、これもまた試合結果である。出場がかかったサウジアラビアの気迫に負けたのかもしれない。

ワールドカップ予選が終わり、サッカーも次の段階へ。プロ野球も終盤戦に入り、優勝はセ・パ両リーグともマジックが1位のチームに点いており、次はクライマックスシリーズの出場がどうなるかという点に興味が移ってきている。我が埼玉西武ライオンズは現在2位。久々のクライマックスシリーズ出場とホームでの試合開催権をぜひ取りたいものである。
さらに、今月末からはプロバスケットボールも開幕。ラグビーやアメリカンフットボールなどのウィンタースポーツも行われる季節となった。

スポーツに限った話を色々と述べたが、スポーツ以外でも次のステージとなる節目の季節である。観戦者としてもそうだが、その他のシーンでは僕も当事者になるかもしれない。何であっても、目先のことばかりにとらわれずに本質を見極めたい。

 
posted by ぶひぞう at 04:41| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

あと1週間


あと1週間たつと、いよいよ次のiPhoneなどが発表されるらしい。
毎年恒例のこの時期のイベントだが、今年はiPhone8なのか、iPhone7sなのか、両方なのかはまだわからないようだ。
流行を追っかけているわけではないが、僕が今使っているモデルはiPhone6であり、すでに2年間の割賦も終わっている状況である。最近のスマートフォン事情からして、そろそろ買い換え時と言っても間違いない。
それでも発表・発売直後は品薄でなかなか手に入らないことも予想されるので、実際に機種変更するのは年末か年明け頃になるような気がするが、それにしても新しい製品を待つのは胸躍る気持ちである。

この「ワクワク感」が続くのか、ガッカリ感に変わるのか、あと1週間で決まる。

 
posted by ぶひぞう at 04:36| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

そして、いつもの「ステレオタイプ」


昨日昼頃の、北朝鮮が過去最大級の核実験を行ったという暴挙にはあきれるばかりである。考えただけで腹が立つ話だ。

しかし昨日は、秋篠宮眞子様と小室圭さんの婚約発表という喜ばしいニュースもあったので、そちらの話題を。
記者会見の模様はリアルタイムでは見られなかったが、後に(嫌と言うほど)見た映像では、若くしっかりした感じのお二人の言葉は大変良かったように思った。小室さんが新卒で就職した銀行を辞め、現在法律事務所で働きながら夜間大学院へ通っているという状態で、今ひとつ安定した職業ではないように思えることがちょっと心配だが、それこそ大きなお世話というものだろう。心からお二人を祝福したい。

それはそうと、マスメディアはいわゆる「こぼれ話」というようなエピソードを取材したがるのだが、またしてもステレオタイプな報道があったのには驚いた。小室さんが最近購入した本を紹介したのだが、それが料理のレシピ本だった。すると報道では、眞子様にプレゼントするのかという推測を述べ、眞子様は料理上手だからという方向に話を持っていってしまった。

どうして眞子様が料理本を見ると断定するのだろう。小室さんが料理をする際に参考にしても良いではないか。それを昔ながらの「私作る人、僕食べる人」的な感覚が出てくることに、メディアに携わる方々の本音が見え隠れしているように思える。
普段は男女同権だ、差別はいけないなどと偉そうなことを述べている皆様も、この料理本に関しての報道に対しては何もコメントしているようには見えず、いったい何なんだと思う。
ジェンダー論がどうだとか、決して難しい話ではない。
 
posted by ぶひぞう at 04:45| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

「クラブが一番」だと思うのだけれど


サッカーワールドカップ最終予選のオーストラリア戦に勝利し、かなり巷でも盛り上がっている。それはそれで結構なことであって文句をつけるつもりもないのだが、少し「いびつ」だと言われているのが日本のサッカー人気である。

確かに日本代表チームの人気は高いのだが、それを支えるべきJリーグへの感心が今ひとつ低調であるという部分だ。僕の今いる職場でも、日本代表チームの試合は熱心に見ているのに、Jリーグの話題を振ってもほとんど反応のない同僚もいる。もちろん現在の日本代表チームのメンバーのうちかなりを海外チーム所属選手が占めているのは事実だが、それにしても寂しいような気分に襲われる。

僕はやはり地元意識があるので、住んでいる東京の北多摩に位置するチームが好きだ。節操がないと言われてしまうかも知れないが、調布市の味の素スタジアムを本拠とするJ1のFC東京(本社は江東区だが、練習場は小平市)、J2の東京ヴェルディ1969(練習場は稲城市のよみうりランドにある)、本来は武蔵野陸上競技場をホームグラウンドとするJFLの東京武蔵野シティFC(練習場は三鷹市)のファンクラブに加入し、それぞれの試合を観戦・応援して楽しんでいる(ファンクラブに入ると、会費分以上の観戦チケットが貰えたりするので)。
それらの試合でも、スタジアムに足を運んでいるのはほぼ固定的な層と、中高年層のファンが多い。あまり地元の老若男女がこぞって応援するという感じではない。これも娯楽の多い東京であるからこそなのかもしれないが、将来の姿が危惧されている。

現状では、日本最大のクラブチームは「日本代表」だ、と皮肉られる状況そのものである。外国では、地元のクラブチームが一番であり、中にはそちらの試合が大事だからと、国の代表チームへの招集を渋るなどという事例もあるらしい。日本もそうなれば良い、と何でも猿マネしろというつもりはないが、いきなり日本代表があるのではなく、多くのクラブチームがあってこそのサッカー文化なのではないかと思う。

最後に現状の成績を紹介すれば、FC東京の順位は真ん中あたりで今ひとつ伸び悩み。大型補強がうまくいっていないし、ケガ人も多い。今季優勝は難しいし、天皇杯予選も負けてしまった。あとはルヴァンカップのみだが、準々決勝の第一試合は負け。まさに今日の第二試合に命運がかかる。

東京ヴェルディ1969は昨日引き分けたが、まだJ2で6位につけている。このまま行けばJ1への昇格トーナメントに残れるかも知れない。また東京武蔵野シティFCはJFLでJ3への昇格を狙い頑張っている。
それぞれのチームの戦いに見所はある。もしよろしければ、観戦にでかけてみてください。

 
posted by ぶひぞう at 08:38| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

やっぱり変だよ


昨日は防災の日。関東大震災が発災したことを契機に定められた日だ。僕の職場でも様々な防災訓練が行われた。

ところで、報道が変だなぁと思うことは多々あるが、昨日の防災の日についての報道についても同じ。小池東京都知事が、朝鮮人犠牲者の慰霊式への追悼文を今年は送らなかったということを、大きく取り上げている。僕が購読している朝日新聞では、1面にカラー写真入りの記事。社会面でも記事面半分くりのスペースで大きなカラー写真を使って報道している。

しかし、昨日は何の日で、何を追悼しているのか。この朝鮮人犠牲者碑のそば、両国国技館のすぐ近くに「東京都慰霊堂」という大きな建物がある。ここは関東大震災や東京大空襲などで亡くなった方を追悼する東京都の公共施設である。昨日はここで、副知事出席のもと慰霊式が行われた。その事実は記事に書いてはあるが、新聞紙面には慰霊堂の写真1枚もない。ひどい落差である。

確かに小池都知事が追悼文を送らないことは、関東大震災で行われた朝鮮人虐殺という大きな事件にからめ報道する意義はあるだろう。しかし、昨日の防災の日の最大の趣旨は、震災のことを思い起こし、今後の防災をめざす日なのではないか。これでは例えば、広島や長崎の原爆忌において、式典の写真はまったく使わず周辺で行われているイベントの写真ばかり報道しているようなものではないか。地震と戦争は違うという意見がでるかもしれないが、これなどまさに「本末転倒」であろう。

こんな紙面を作っても、それを社の上層部が容認するのも、「まぁ、朝日新聞だからねぇ」と言われてしまう一因になっているのだろう。こんなことをまだ続けていると、福島原発や慰安婦問題での虚偽報道以来の信頼失墜からの汚名挽回はまだまだできないのだろうなぁ。

 
posted by ぶひぞう at 10:00| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

出場決定


昨日はサッカーワールドカップ最終予選をテレビ観戦。日本がいままで予選では勝ったことのないオーストラリアに見事勝利し、ロシアでのワールドカップ出場を決めた。
年がわかってしまうが、「ドーハの悲劇」「ジョホールバルの歓喜」をリアルタイムでテレビ観戦した世代としては、危なげない試合で出場を決めるような時代になってきたのは喜ばしいというべきだろう。

今日からは9月。まだまだ暑い季節であるべきなのに、今年の東京は上着が欲しいくらいの陽気である。この先寒暖の差が激しいのだろうが、体調管理に気をつけたい。

 
posted by ぶひぞう at 04:39| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

雨の被害


昨日も各地でゲリラ豪雨があり、僕の住む多摩地区でも川で行方不明になる方がでたり浸水被害があったりと大変だった。

さらに台風も近づいてきて、不気味な感じでもある。
どうか被害が少ないことを願う。そして、防げることがあれば、例えば雨予報の時には極力川などに近づかないようにするなど、できる範囲で身を守りたいものだ。


posted by ぶひぞう at 04:44| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

8月の印象が薄く


今日と明日で8月が終わるが、何だか今年は8月の印象が薄い。その理由はあまりにも雨が多く、東京では21日連続で降雨が観測されるという史上2番目の記録があったためだろう。このところ7月以来の猛暑日もあり、夏の感覚が少し戻ってきたが既に秋の虫の声も聞こえだし夏の終わりを感じる。

西日本は猛暑が続く夏だったが、東日本が冷害が心配される状況である。天候はやはり、その季節らしいものであってほしい。

 
posted by ぶひぞう at 04:38| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

面白くなってきた


慶應義塾大学の通信教育課程への出願を機に始めた英語の学習。これは普通の社会人がする英語の勉強である、TOEICの得点アップを目指すとか、英会話の力を強化するというものではない。大学の英語の講義の単位が取れるための学習なので、中学・高校での英語授業の内容を学ぶ必要がある。

長い間英語とは距離を置いていたので、まず中学レベルの復習本を読み、今は高校の英文法入門書を読んでいる。これが新鮮で楽しくなってきた。僕は中学から高専へと進んだので、高校の授業や大学入試勉強という洗礼を受けていない。そのせいかもしれないし、僕の十代の頃には、こんなにカラフルで分かりやすい参考書はなかったよなぁと感心しながら本を読み進めている。

仕事のためにどうしても必要という状況にはないし、海外旅行の機会もまずない僕であるので、妙なプレッシャーがかからない分、逆に気楽に学べるのかもしれない。
それにしても、書店の語学、特に英語の本のコーナーにはその出版数の多さ圧倒される。皆英語に苦労しているのだろう。
 

posted by ぶひぞう at 04:42| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

これで、利益は?


昨日の朝、宅配便が届いた。
中身は辞書。インターネット経由で買った、英和辞典である。通信教育での英語学習に適しているとの意見があった辞書についてインターネットで調べると、中古品が安く出ていたので購入してみた。
値段はなんと210円。しかも本体のみの価格ではなく送料込みである。注文したのが土曜の午後2時頃なのに、到着が昨日日曜日の朝9時過ぎ。いわゆるメール便なので、時間指定をしたのではないのにも関わらずである。

これでお店の利益は出ているのかな、と心配になってしまう。このお店は「楽天市場」に参加しているのだが、他に「Amazon」では同じ中古の辞書が価格「1円」で複数出品されていた(送料別)。ただ送料では普通儲けはでないはずだから、1円で販売する側を考えるとたとえ0円で仕入れた本であっても在庫管理・発送等にかかる人件費を思えばとても商売にならないような感じがするのだが、不思議である。

到着した辞書はさすがに外箱の焼けは強かったが、中はそれほど使用感もなく充分に使用できる状態である。現在書店で売られているのは第3版であるが、届いた初版本でも学習に支障はないだろう。

そして、夜はまた乗せられて日本テレビの「24時間TV」のマラソンゴールシーンを見てしまった。エンディングが流れる中で日本武道館にゴールするというシーンは毎回のお決まりだが、その時間を守る「調整力」には感心してしまう。もはやこれは「伝統芸能」か?

 
posted by ぶひぞう at 04:40| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

つい乗せられて


8月の最終週は、恒例の「24時間テレビ」である。日本テレビ系で放映されているこの番組を、例年ほとんど見ることはないのだが、今年はチャリティーランナーを当日発表するということで煽り立てているので、ついその発表だけでも、と見始めてしまった。

すると、発表を引っ張る引っ張る。午後6時半からの番組開始から2時間以上たった午後8時40分ころになって、やっと発表となった。こんな手法には、ネット上でも批判が多く出ているという。
この番組にも様々な意見がある。有名な噂では「出演者」に多額の出演料(ギャラ)が支払われているのでは、という疑惑。これは疑惑でも何でもない。たとえば第1回目の番組の司会をした萩本欽一氏は、ギャラがなんと1億円だったと自ら話している。しかしこれは萩本氏が強欲なのではない。氏はこのギャラを全く受け取らず、すべて寄付するために高額の出演料を要求したので、逆に美談として語られている。僕もその行動に異論を挟むつもりはないのだが、問題なのはテレビ局側だ。番組のため、出演者に高額なギャラを支払うことが当然のように行われたということなのだ。
40年たった今、出演者はすべてノーギャラです。逆に多額の寄付金をいただいています、という発表もないことから、その体質は変わっていないのだろう(以前、梨の妖精こと「ふなっしー」も、貰ったギャラ5万円に自分のお金2万4千円を足して7万4千円(ナシに引っかけた金額)を寄付した、と発言してしまい、逆にギャラが支払われている事実が発覚し、ふなっしー側ではなくテレビ局のやり方が少し「炎上」したこともある)。

それにしても疑問なのは、番組の目玉ともなっている24時間耐久のマラソン。タレントを走らせて、何の目的があるのだろう。こういった企画、外国でもあると聞いたことがあるが、それは寄付する財力を持たない若者たちがスポンサーを見つけて、走った距離に応じて寄付をしてもらうという「チャリティー・ソン」というものである。この24時間テレビの企画では、そういったシステムではなく、ただ走るだけ。これも噂だが、走るランナーには高額のギャラ。そして事後にレギュラー番組への出演が約束されるともいう(あくまで噂です)。
これも、他人が身体を痛めながら走る姿を見て喜ぶ、「感動ポルノ」「残酷ショー」の一つなのかな。だとしたら、ねぇ。 

 
posted by ぶひぞう at 09:39| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

結局、全部買った


昨日、登録している古書店ブックオフからメールが来て、この週末店舗限定のセールを実施するという。毎年開店の時期に合わせて行っているセールで、この期間のみ書籍が全品20%引きとなるという。僕の知識では、数あるプックオフのセールでも最大級の値引きである。

仕事帰りに寄ると、平日のためか店内は空いていてゆっくり品定めをすることができた。今申請中の慶應義塾大学の通信課程では、外国語科目が必須なのだが、学士入学など他の大学で履修していてもすんなりとは認めてもらえず「仮認定」という扱いである。これはつまりレポートの提出は免除されるが単位認定試験は受けなければならず、この試験が結構難しいとのことだ。この外国語がネックとなって、慶應での学習を断念したという方も数多くおられるとの噂もある。

僕もご多分にもれず外国語は苦手なのだが、苦手といっても逃げてはいられない。先日「EverGreen」という英語の参考書を買ったという記事を書いたが、ブックオフで見ると他に良書として多数の方が推薦していた「Forest」や「一億人の英文法」という本が売られていた。古本なので安価であるし、さらに2割引だ。少し迷ったが、両方買うことにした。

ちょっとやりすぎかとも思うが、これも外国語の単位が取れれば安いものだ。単位がうまく取得できたら、これから必要となってくる娘に参考書を譲ろうかと思っている。

 
posted by ぶひぞう at 09:17| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

確実に、大行列


あまり好きな方はおられないだろうが、僕も行列は嫌いである。
しかし今日、確実に行列ができる場所がある。銀行のATMである。
今日は25日。給料日の方も多いだろう。実は僕の職場は25日ではないのだが、ATMの前には現金を引き出そうと多くの方が並ぶ。いつもの光景だ。

しかしマネーライフとしては実は褒められた行動ではなく、『現金は24日におろせ』(小宮一慶著)というタイトルの本も出ているように、給料日だ、すぐ下ろそう、そしてすぐ使おうという行動はあまり賢くないようだ。
家計費を別として、僕の場合は自分の気持ちの中で毎月1日をスタートの日に決めていて、ゆるやかな小遣い制の月締めを末日にしている。このようにするメリットはいずれこのブログでも書けたらよいが、自分達のお金を自分自身で管理する大切さは僕が言うまでもないだろう。

給料日にATMに並ぶのは、豊かさの象徴か、貧しさの象徴か。微妙なところだと思う。

 
posted by ぶひぞう at 04:43| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

方針変更するかも


甲子園の高校野球も終わって、「勉学の秋」。というわけではないが、放送大学の成績を改めて眺めていたらあることに気がついた。「放送大学エキスパート」(科目群履修認定制度)の取得単位数が気になって調べていると、ひとつの区分であと2科目(4単位)取得すると新しいプラン(区分)でエキスパートに認定されるのである。

この放送大学エキスパートはすでに5プランを取得している。学部の卒業、つまり学士の取得も大きな目標であるが、このエキスパートの取得もそれに次ぐ学習の上でのマイル・ストーンとなる。各分野で10単位・20科目を取得すれば良いし、複数の分野で重複しているものもある。検討してみると、来年1月の試験日も受験可能である感じだ。
そこで、現在3科目の出願を検討している。本当は2科目でよいが、単位認定試験に失敗したときのことも考えて1つ余裕を持つことにした。この程度であれば何とか勉強できるし、受講料も何とかひねり出せるだろう。そしてこの3科目は、今回ターゲットとなるエキスパートの次のプランにも適用可能なので、大変お得である。今後の卒業要件には入らないが、こんなメリットがあればまあ良いか。

出願は今月いっぱい。忘れずに手続きしよう。

 
posted by ぶひぞう at 04:41| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

夏が終わる


今日は、甲子園での高校野球決勝戦。終われば何となく秋の気配を感じるのが常なのだが、今年の関東地方は雨続きで何だか本格的な夏は7月のわずかな期間だったように思う。

しかし去年も確か8月の半ばを過ぎると、急に涼しくなってしまった記憶があるので、今年だけの問題ではなく気候のブレのような現象は珍しくなくなってきているのかもしれない。

関東から東北はこんな涼しさだが、西日本は猛暑と雷雨などの荒れた天気が続いているようだ。あと1週間ほどで終わる8月が、少しでも「らしい」天気になってくれれば良いと思う。


posted by ぶひぞう at 03:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

無事に提出


作成が完成した大学の願書など一式を、郵便局から差し出した。指定が書留郵便でとなっていたので、内心簡易書留でもいいのになぁと思いながら仕方なく書留を指定した。簡易書留なら120円安い。

というような愚痴はこのへんにして、無事に願書や書類の提出が終わった。あとは審査を待つばかりである。どこかのサイトで得た情報によると、書類に不備がなくとも必ずしも全員が合格するわけではないらしいとのこと。こればかりは僕の力でなんともできないが、結果は約1ヶ月後にわかる。ジタバタせず待つしかない。

さて、出願も終わったのでそろそろ具体的な学校名を述べても良いだろう。今度の志望校は慶應義塾大学の通信課程である。この大学の通信教育は卒業が難しいことで有名で、一説には卒業率は3%くらいとも言われている。この割合がどうかは別として、学士入学の場合2年半の最低在籍期間で卒業するのはまず無理であろう。僕もその倍の5年くらいは勉強するつもりでいる。

posted by ぶひぞう at 04:42| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

手が疲れた


昨日の記事で書いた作文は、何とか仕上げた。720文字指定の文を2つ、150文字指定の文が1つ。2時間くらいかけて書く、というよりあらかじめパソコンで打った原稿を書き写す「写経」状態を終えると、さすがに手が疲れた。後半には集中力も切れてきて、何カ所か修正テープで文字を直すことになった。

こんなに文字を書くことが最近ないので、新鮮ではあるが手の疲れは限界に近かった。こういった指定のレポートの他であると、資格試験の記述式試験くらいしか手書きをする機会はなくなっている。それが良いか悪いかは論評しないが、パソコンで文章を作るという行為がいかに生産性を向上させているかを思い知ることとなった。
これで書類も完成したし、あとは提出をするばかりである。

 
posted by ぶひぞう at 04:31| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

今日中に仕上げたい


連続降雨記録更新中の東京地方は、今日もこの季節にしては涼しげである。
僕の夏休み期間も終わりだが、出かけるには好適とはいえず、昨日も午後から予報通りの雷雨で各地で被害も出ているようだ。

こんな天気のときは、家で出来ることを進めるに限る。今出願を考えている大学の通信教育部への提出書類に、簡単作文がある。時間を見つけてすでにパソコン上では書いたのだが、提出は手書きでなければならないと指定されている。極めて個人的な感想を言わせてもらうと今時ナンセンスな制限であって、こんな方法で安易なコピーアンドペーストが防げると思ったら大間違いだ。現に僕も、パソコン上で文章に推敲を加え規定の文字数に納めたあと、印字してそれを書き写すという方法で書こうと思っている。大学によっては未だにレポートは手書きを要求するところがあるようだが、単に根性を試しているだけにしか思えない。

それでも指定されているからには仕方がない。今日中になんとか書き写し、まだ締め切りには時間があるが早く提出してしまいたい。

 
posted by ぶひぞう at 09:58| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

雨の日は屋内で


関東地方は、記録的な連日の雨である。
いつか家族で行こうと思っていたプールも行かずじまいになりそうだが、子供をどこにも連れて行ってやれないのもかわいそうなので、池袋で行われているウルトラマンフェスティバルに出かけた。実はこのイベントの入場券は購読する新聞販売店からいただいたものだ。他は知らないが、僕の地域の新聞販売店は、各種イベントのチケットなどのプレゼントは月1回の折り込みチラシで知らせ、希望者はハガキで応募して抽選という公明正大な方法をとっている。過去にも何回か観劇や美術展のチケットが当たったことがある。

それはさておき、会場のサンシャイン60のイベント会場は非常に混んでいた。月遅れのお盆が終わった平日だからそれでも空いているのだろうが、親子連れで満員状態である。これも天候不順が影響しているのかも知れない。他のフロアで行われているドラゴンボールやプリキュアのイベントにも大勢の観客が並んでいた。
一緒に行った息子はあまりウルトラマンを熱心に見ているわけではないので、幸いなことに(?)売られているグッズにはほとんど興味を示さなかったので助かった(笑)。しかし大ファンの子供がいると大変だろう。しかも入場料は結構高い。前売りでも大人1900円子供1200円だった(当日券は+200円)。

ただ、メインの実演ショーのクオリティーは相当高く、入場料に見合ったものだといっても良いだろう。屋外で遊べないときは、こういった室内型のレジャーに人が集まるのも無理はないかもしれない。
息子も喜んでいたようだし、少しは思い出に残るかな。

 
posted by ぶひぞう at 10:42| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

嬉しい結果


プロ野球埼玉西武ライオンズは息詰まるような0−0の投手戦からの、劇的なサヨナラ勝ち。昨日の記事は訂正したが、これで夏の赤いユニフォームを着て戦った24試合のうち、実に20試合に勝利。勝率83%を超えるという驚くべき数字である。この勢いでは、さらに上位も狙えるだろう。

そして昨日、放送大学から単位認定試験の正式通知が来た。結果を見てビックリ。評価A(80〜90点)が2科目、そしてマルA(91〜100点)が2科目である。合計8単位を自分でも驚く好成績で取得し、見事に卒業要件の取得単位数をクリアしたことになる。これで、先にも書いたようにあと1年半経過すると卒業となるわけだ。

僕は今夏休み期間中であるが、この間に次のことを始めようと思っていた。それがちゃんと裏付けのあるものになったのである。嬉しい結果通知だった。

 
posted by ぶひぞう at 00:42| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

赤いライオンズ


昨日は娘とメットライフドーム(西武ドーム)へ行き、プロ野球埼玉西武ライオンズvs東北楽天ゴールデンイーグルスの試合を観戦した。いつもなら酷暑の試合となる8月でも、昨日は雨模様ながら観戦に丁度良いくらいの天気であった。

毎年夏の時期になると、特別なデザインのユニフォームを着用するのが恒例となっているが、一昨年の黄色いユニフォームのときは13連敗しファンからは大ブーイング。昨年は緑のユニフォームで、まあそこそこの成績だった。ところが今年の赤いユニフォームを着用したら何が起こったというのだろう。いきなりの13連勝。しかもその後も勝ちが多く、7月21日から今日までの着用期間中に全24試合あるのだが、今日1日をまたずしてすでに19勝。つまり負けが4試合だけなのである(後記:やはり数を間違えていたので訂正しました。8月17日もサヨナラ勝ちしたので、トータル20勝4敗。この期間の勝率83%超え(!)です)。

昨日も打線爆発、投手陣も見事なピッチングで大勝利だった。さらにゲストにアイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子さんを迎え、球場は大いに盛り上がった。
平日ではあるが夏休み期間中でもあり、球場は2万6千人の観客が入った。こういった状況なら、経営的にも安定して球団も長く存続していってくれるだろうか。沿線に住む者として、手近にプロ野球を生観戦できる環境があるのは非常にぜいたくである。願わくばこんな状態が続いてくれると良いと思う。

ところで、なんで西武ライオンズなのに赤色なの? という疑問が出ているが、これは球団応援歌『地平を駈ける獅子を見た』(松崎しげるさんの歌でおなじみ)の歌詞にある「炎の色の獅子を見た」にちなむものである。当初「広島東洋カープじゃないんだから」とちょっとファンの間でも不評だったが、これだけ勝つと逆に縁起の良いユニフォームとして大人気。9月にも追加で着用試合を増やすかもしれないとのこと。
僕も波に乗って赤いTシャツを買おうかなと思ったが、娘に赤色は似合わないと忠告されたので購入は断念した。そのかわり、次にドームに行ったときにh新人王も狙える今大人気の源田選手のグッズでも買おうかな。でも人気が出すぎて、売り切れ続出である。これこそ球団にとって「嬉しい悲鳴」か。

 
posted by ぶひぞう at 10:09| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

放送大学の卒業が確定(仮)


昨日の午前9時から、在学生が放送大学の後期の科目登録が可能となった。早速僕も登録画面にアクセスした。
まだ前期の試験結果は手元に届いていないが、有名な「裏技」で単位を取得したか確認してみた。

この裏技、学生の間では常識となりつつある(と僕は勝手に思っている)ので紹介してみよう。ただし、在学期間が来期もあることが条件である。
科目登録画面で、あえて今期受講し単位認定試験も受けた科目を選択する。そしてその科目を登録しようとすると、当然のことだがエラーが帰ってくる。そのエラーの表現が2種類ある。
一つは、履修「中」の科目は登録できません〜。これは、単位認定試験に不合格だったということだ。
もう一つは、履修「済」の科目は登録できません〜。これが嬉しい知らせ。合格し単位取得に成功したということなのだ(ただし成績はわからない)。

僕も、今期試験を受けた4科目について調べてみた。結果はすべて、「履修済」。合計8単位取得である。
この結果により、実は凄いことになっている。再入学1学期目、つまり半年で卒業に必要な単位数を充足してしまったのである。
これは以前にも書いたとおり、前回「全科履修生」として卒業し学位を得た後に1年単位の履修をしていたときに取得した単位が合算されたためである。

結果、僕が死なない限り(苦笑)、あと1年半経つと自動的に放送大学4回目の卒業となることが確定した(正確には「仮」の確定だ)。
これからは、あとの期間単位をいくら取得しても、次の学生期間の単位としては認められないことになる(これが、10月から他の大学で学ぼうと思い立った一つの理由である)。だから、来期以降の受講は見送ろうかと思っている。

天候不順が続いているが、この間を利用して次の大学に出す願書の準備をしている。来週には提出できそうである。

posted by ぶひぞう at 12:09| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

静かな日であるべきなのに


本日は、終戦記念日である。

もちろん僕も異論があるわけではないが、8月15日を大事にするのであれば、実際に降伏文書に調印された9月2日も大切にしてもらいたいと個人的には思う。ただしこちらは、関東大震災が起きたことを契機として定められた9月1日の防災の日の直後であるために、印象的にちょっと不利なのかもしれない。

それにしても、毎年繰り広げられる騒ぎはあまり気分の良いものではない。これはまったくの個人的意見だが、どちらかといえば終戦記念日の趣旨に反対の方々が繰り広げる、パフォーマンスと言うか挑発的な言動が、この日を騒がしくしているように思えることがある。反論があるとは思うが、僕の目にはそう写っている。

願わくば、今日ばかりは静かに祈りを捧げる日としたいのに、それは叶わぬ夢なのだうか。



posted by ぶひぞう at 01:45| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

徐々に減少?


ニュースでは月遅れのお盆の話題が続き、帰省やUターンの渋滞の話題も多い。
しかし職場などで感じているのが、地方へ帰省したりする方が徐々に減っているように思えることだ。

これは地方出身者が減ったというより、東京や関東近県での生活が長くなり、故郷とのつながりが薄れてきている方が増えてきたからではないだろうか。僕は東京生まれの東京育ちであるので実感がわかないが、帰省するにも多額の費用がかかり、さらに地元で迎えてくれる方も高齢になってくれば負担が大きくなっていく。地方の疲弊がこんなところにも出ているのだろうか。

 
posted by ぶひぞう at 04:34| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

戦争の記録


この時期になると、戦争を取り上げた記事が新聞やテレビでも多くなる。
僕が子供の時に比べると、少なくはなっているがそれでもよく目にするのだから多くの報道がなされているのだろう。

僕は決して「ネトウヨ」(ネット右翼)ではないと自負しているのだが、それにしても先日書いたように「主語のない」報道には疑問を感じてしまう。原子爆弾の投下はもとより、東京大空襲ほか都市の無差別爆撃、さらに戦争末期の飛行機からの機銃掃射や艦砲射撃など、今の感覚ではもちろんのこと当時の国際法でも違法な、非戦闘員の虐殺であったことは明白だ。それなのに、これらの行為がまるで天災だったかのように、あるいは正しい行為として行われたかのようにも取ることができる報道が多いような気がする。

こういうことを書くと、「あいつは右翼だ」などと言われ、すかさず日本側の残虐行為などを挙げて反論する方がおられるが、だからといって連合国側、もっとはっきり言えばアメリカの行った戦争犯罪が免責されるはずもないと思う。
戦争体験者が少なくなるのはしかたない(それだけ平和が続いているという証拠)として、中にはそれを逆手にとって記録にあることを否定したり記録にないことをねつ造したりする方も結構おられるようだ。
少なくともしっかり勉強して、真実はどうだったかを知る必要があるだろう。

 
posted by ぶひぞう at 09:49| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

「山の日」だそうで


昨日は2回目の「山の日」。謎の祝日の一つである。

「謎」といったのは、「みどりの日」「海の日」と同じように、そのいわれが今ひとつはっきりしないからである。「みどりの日」は少し前は「国民の祝日」と言われていた。5月3日の憲法記念日、5月5日のこどもの日に挟まれているので、ここも祝日にしてしまえ、という趣旨で祝日になったと言っても良いだろう。
もともとは昭和天皇の誕生日だった4月29日が、崩御によって名称が変わってこちらがみどりの日になったと思ったら「昭和の日」となって5月4日がみどりの日になったと記憶している。
海の日にいたっては、本来は明治天皇が東北巡幸から帰着した「海の記念日」が発祥であるそうだが、今は「ハッピーマンデー」制度により日付が変動するので意義もあやふやになっているように思う。

それでは山の日は? 法律では「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ための日となっているが、特に山に関連した由来があるわけではない。しかも制定時には議論百出の結果、8月12日に決まるところだったものの、この日が日本航空機が墜落し500名以上の方々が亡くなった日であることから1日前倒しされ8月11日になった、というさらに訳の分かりにくい経緯もあるようだ(これがたとえば、「山開き」として多くの行事が行われる7月1日だったらわかりやすかっただろうに。これも月遅れのお盆に接着させれば、みんな休みが増えて嬉しいよね、という意識の表れか)。

日本は祝日の多い国なのだそうだが、休みをやたら増やすより本来なら人々が分散して休みを取ったほうが交通機関や観光産業なども過度の集中が減って良いはずだ。しかしこれは、美点でもあるが何でも横並びが好きな国民性の欠点であるだろう。規則で決めなければ休みも決められないという情けない一面を示しているのかもしれない。

 
posted by ぶひぞう at 08:18| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

あー、夏休み


本日は、「山の日」という少し意味不明な祝日である。そして世間は「月遅れの」盆として夏休みを取られる方が多いようだ。

僕は7月に盂蘭盆会(うらぼんえ)を行うことの多い東京生まれの東京育ちであり、実家もすでに無いのでほとんど実感はないのだが、地方に故郷を持つ方にとっては大きなイベントであるのだろう。道路も鉄道も航空機も大混雑するのに、なぜ規制するの? と昔同僚に聞いたことがある。すると、時期をずらせば確かに交通機関は空いているが、故郷に友人も親戚も戻っていないので帰省しても会えないし意味がないとの答えだった。確かにその通りなのだろう。しかし毎年特定の時期に人間が集中するというのは交通や観光などの産業にとっても決して良いことではないような気がする。

僕も比較的この時期は休みが取りやすい。今年は今願書を出そうと考えている大学への志望書類を作成することができそうだ。履歴などの他、簡単な作文を提出しなければならない。文章を書くことは適度な時間さえあれば苦にはならないほうなので良いのだが、普段なかなか時間がとれないのでこの期間を使って書類を完成させたい。

 
posted by ぶひぞう at 12:05| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

精神論? 根性論?


昨日の全国各地は台風一過からの猛暑。東京でも37度を超えた場所も多かったようだ。
それにしても3年後の今は、まさに東京オリンピックの開催中である。このような猛暑の中、本当にイベントを実施して大丈夫なのだろうか。経費削減のため、屋根を省略し空調設備も省略した国立競技場は? 屋外で開催される競技場は? さらに会場へ入るために長時間外で待たなければならない観客の健康は? 警備などにあたるスタッフ・ボランティアなどの心身も心配である。「根性」で乗り切れというのだろうか。

主催者側、特に物事を決める「上層部」の方々はそんな過酷な状態を経験したこともないだろうし、想像さえつかないのだろう。たとえば実際の競技にしても、炎天下で長時間待つのではなく、開始直前に冷房の効いたクルマで会場に乗り付け、さらに空調の整った部屋で待機し、涼しげなVIP席で観戦し終わったらまた冷房の効いたクルマで帰るというような行動を今まで取ってきたのだろうから、猛暑の中で競技を行わせるという無謀さを感じないのだろう。

折しも今阪神甲子園球場では高校野球が行われている。最近言われている表現に、高校野球は「残酷ショー」であるというものがある。わざわざ1年で一番暑い時期に、それも決勝などは午後1時からという一番暑い時間帯にわざわざ炎天下で野球をやらなければならない理由はあるのだろうか。しかも特に投手は連投連投で、優勝チームなどはトータル数百球を投げなければならない。成長途中の高校生にこんな過酷な条件の下で野球をやらせ、大人たちは空調の効いた部屋でテレビ観戦をし、選手たちは次々と身体を壊して球界から消えていく。まさに「残酷ショー」といっても過言ではない。

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック大会)でもあったように、投手に投球制限をかけること。試合間隔を最低でも隔日にすること。決勝など試合数が少ない日の試合はナイトゲームを検討することなど、今の制度を少し変えれば解決できるかもしれないのに、ほとんど議論されないように思える。

僕がいくらこんなブログで書いたところで、「根性論」「精神論」が大好きな日本である。この先も何も変わらないのだろうか。
それにしても、オリンピック・パラリンピック。こんな時期に本当にやるの? 
 
posted by ぶひぞう at 07:36| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

台風通過


昨日は休みになったのだが、台風が日本列島を通過しているので無理に外出することなく家で過ごすことにした。外はかなり強い雨と風が吹いていたが、我が家の付近は幸い大きな被害もなかった。しかし報道では浸水など各地で発生している模様だ。お見舞いを申し上げたい。

そして本日は長崎原爆の日である。先日の広島原爆の日に少しだけ書いたことであるが、原爆について振り返るとき、そして核兵器について語るとき、どうも僕の違和感が拭えないのが「主語がない」こと。あいさつや表現のなかで、ことさら「原爆を投下したのがアメリカである」ということが何だかあいまいにされ、まるで原爆投下が地震や洪水などの天災であったかのようにも受け取れるような印象を持つことさえある。さらに凄いのは、非戦闘員の殺害は当時の国際法でも明白な違法行為であったのに、それには触れず原爆を投下されたのは日本に非があったのだとまで言うような驚くべき主張をする方までおられるのである。

僕は決して「反米」思想を主張するつもりはないが、原爆を投下したのは誰か、という「主語」を欠いては物事の本質を見誤るのではないだろうか。さらに言えば、こんなことを書くと「あいつは右翼だ」などとレッテルを貼ってそれでおしまい、という風潮がある社会も寂しいものである。

 
posted by ぶひぞう at 04:40| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

準備を始める


昨日、仕事帰りに書店に立ち寄った。
お目当ては、いわゆる「学参」コーナーである。学参とは、勉強の参考書などのコーナーのことだが、それこそ十代の頃からほとんど僕には無縁だった場所である。理由は勉強嫌いだったということではなく、僕自身が中学を卒業後高等専門学校(高専)に進学したので、そのほか多くの方が進む高等学校から大学へというコースを歩まなかったことにつきる。

そんな僕が参考書を見に行ったのは子供のためではなく、自分自身のためである。今入ろうかと思っている大学は外国語が免除ではなく、少なくとも試験を受けて単位を取得しなければならない。この高いハードルで多くの方が学習意欲をなくし退学してしまうとも聞いている。僕も決して英語が得意ではないので、今のうちから準備しておこうというわけだ。

とりあえず、中学・高校の英語をざっと復習するという大人向けの本を買ってみたが、本当にざっとしか振り返っていないので、さらに詳しい中学向けの本を購入した。これが終わったら、次は高校向けの参考書を買おうかと思っている。
インターネットの情報では「Forest」という参考書を薦めるものが結構あった。店頭にはその本もあったが、類似書? の「Ever Green」という本もなんだか良さそうな感じである。
とはいえ、まずは中学レベルをやっつけてからの話だ。

 
posted by ぶひぞう at 10:43| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

広島に思う


今昨日は広島原爆の日。式典のテレビ中継を僕も見た。
戦後72年を迎えたが、広島に限らず僕が感じている違和感がある。それは「主語がない」ということ。
僕の杞憂だといいのだが。


posted by ぶひぞう at 05:35| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

驚異の粘り


昨日はメットライフドームでプロ野球埼玉西武ライオンズvs福岡ソフトバンクホークスの試合を観戦。プレゼントのユニフォームや複数回行くと貰えるファンクラブ向けのグッズも貰って嬉しかった。

試合は当初一方的にやられ、7回を終わった時点で7対1と大きくリードされていたので観戦を切り上げ、早めに帰ることにした。同じ思いの方が多かったようで、電車は早い時間の割に混んでいた。
ところが帰宅してみると、ライオンズが驚異の粘り。9回についに同点に追いつき、延長戦になってしまった。
ハラハラしながら見ていると、残念ながら1点を入れられ14連勝とはならなかった。しかし昨日の粘りを見れば、誰も文句は言わないだろう。

今季のライオンズは近年になく素晴らしい試合を繰り広げているように思う。この勢いで優勝とまではいかなくともクライマックスシリーズまで進出するよう頑張ってもらいたいものだ。

 
posted by ぶひぞう at 04:59| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

思わぬ収穫


僕の職場の近くに、郵便局がある。
今入学を考えている大学への申請に、過去の卒業・成績証明書が必要だ。その請求に、切手と定額小為替が必要となった。昼休みを利用して行こうかと思ったが、様々な雑事もあって時間がとれなかった。
また今度かな、と諦めかけていたのだが、ふと気づいて調べてみると、通常は16時に終わる「ゆうちょ銀行」の
窓口が、その近くの郵便局では18時まで開いているとのこと。これは都内でも数カ所しかないのだそうだ。
慌てて郵便局に行き、定額小為替を購入できた。ほかに必要な切手も隣の窓口で購入。切手や郵便は時間外でも営業している場所は結構多いのだが、定額小為替を購入できたのは大きい。

早速証明書の請求に移ろうかと思っているが、まだ1ヶ月ほど締め切りにはあるのでスケジュールには余裕がある。落ち着いて処理していこう。

 
posted by ぶひぞう at 09:24| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

止まらない勢い


プロ野球埼玉西武ライオンズの勢いが止まらない。
夏限定のユニフォームの、今年の色は赤。このユニフォームになってからまだ負けておらず昨日で12連勝である。
主力のメヒア選手・中村選手の調子が今ひとつであり、春先に骨折で森選手が離脱中の中、他の選手のがんばりでこのところ絶好調。現在3位だがさらに上も狙える状態である。明日は僕も球場で生観戦予定であるが、今日も勝ってさらに波に乗れると良いのだが。

限定のユニフォームは昨年は緑色、そして一昨年は黄色。信号機じゃないんだから(笑)。
なおこの黄色いユニフォームは、今季とは逆に13連敗という球団記録を作った「魔のユニフォーム」としてファンの間では知られている。

posted by ぶひぞう at 04:44| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

あらまあ、びっくり


昨日は近所の公園で、商店街の盆踊り大会があった。僕も帰宅途中にちょっと覗いて、早めに家に戻っていた。
すると、表から騒がしい声が。会場に残っていた娘と息子らの声だ。

公園では、商店街の方々が出す模擬店で飲食物を購入すると抽選券が貰える。その抽選が最後にあるのだが、そこでなんと、特等の自転車を引き当てたというのだ。
一緒に行っていた義父や義妹らも驚いていたが、例年何も当たらないのに、今年だけは驚きのくじ運の良さである。

これをきっかけに、交通事故などというネガティブなことではなく、さらに大きな幸運がやってくることを願おう。次はサマージャンボ? LOTO? TOTO? 夢だけは大きく。

 
posted by ぶひぞう at 04:34| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

時代の流れ


次に学ぶべき大学の通信教育を調べていて、改めて感じたのが、通信制のみならず通学制も含めて、少子化の波は容赦なく襲っているということである。少し前まではたくさんあった短期大学の通信課程であるが、今はかなり少なくなり、中には学校自体がなくなってしまった短大もある(4年制大学に変わった短大もあるようだが)。

驚いたのは、東洋大学が来年度から新たな通信制の学生募集を停止するという通知。停止というより、実質的に通信教育部を廃止すると言っているのに等しい。私学の中でも有名校だと僕は思うのだが、そんな東洋大学でもはっきり言えば「商売にならない」と通信教育をやめてしまうのか、とちょっと感慨深くホームページを眺めた。現在の学生さんは卒業まで責任を持ち運営を続けるというが、モチベーションの面で大学側も学生側もやりにくいだろう。

そんな中、僕は今狙っている大学の願書・パンフレットを書店で購入。後は書類をそろえる段階だ。その前に、妻の説得と了解を得るという大仕事も待っている。

 
posted by ぶひぞう at 04:38| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

またもや、「悪い虫」


昨日は、放送大学の単位認定試験の「お疲れ休み」で一日家にいた。本当は買い物に出ようかと思ったのだが、東京地方も猛暑となり、火急の用事ではなので妻に外出を止められたのだ。

単位認定試験も終わり、受験の感触から多くの単位が取れそうであるので、せっかく入り直した放送大学ではあるが、あと1年半は単位を積み上げてもあまり意味が無いことになりそうだ。そうすると暇を持て余しそうなので、インターネットを使って各通信制大学の規則などを調べてみた。放送大学との二重学籍が可能であることを大前提とすると、実は意外と選択肢は狭い。
僕が卒業済みの産業能率大学を除くと、サイバー大学、星槎(せいさ)大学、八洲(やしま)大学、東北福祉大学、そして慶應義塾大学など、非常に限られた大学のみが二重学籍可能なようだ。

いろいろ検討して、ほぼ候補は絞られてきたが、妻はまた「悪い虫」か? とあきれ顔である。しかしまあギャンブルや酒につぎ込むのではないから許してもらいたいものだ。

 
posted by ぶひぞう at 04:33| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

無事終了


昨日の放送大学の単位認定試験も無事終わった。まだ試験期間は続いているが、僕の受験する科目はもうないので、実質的に今年度前期の終了である。

試験終了後、プロ野球埼玉西武ライオンズのショップへ立ち寄った。9月から最終戦までの、前売りチケットのファンクラブ会員向け先行発売日だ。観戦を予定していた試合のチケットを買うことができたのでラッキーだった。いつもなら朝から並ぶので夕方だとどうかと思ったが、意外に情報が知られていないのか、プレゼント付きの日の試合のチケットも幸い入手できた。

今日で7月も終わりとなる。明日からは8月。夏の期間は「夏休み」があったりして勉強の時間が取れたりする。有効に使っていきたいと思う。決して「休む」だけのための時期ではない。

 
posted by ぶひぞう at 07:26| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

試験始まる


昨日は、放送大学の単位認定試験を受験した。
まずは1科目ではあるが、久々の試験ということでちょっと緊張した。しかし思いのほか問題の内容が分かりやすく、感触としては合格点を得られたように思う。

本日は3科目と多くの科目を受けなければならない。忙しく、疲れる一日となるだろうが本日で試験も終わり。あっという間の試験期間である。
集中して取り組みたい。

 
posted by ぶひぞう at 07:13| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

絶句というよりも


のほほんとテレビを見ていたら、北朝鮮がミサイルを撃ったとの報道が飛込んできた。

次元が違うかもしれないが、防衛大臣も野党の代表も辞任するという。特に防衛省・自衛隊は、大臣、次官、陸上幕僚長など、幹部総取り替えの体をなしている。

まさに絶句、というよりも何が何だかわからない日々が続く。



posted by ぶひぞう at 01:42| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

準備が進む


昨日は仕事の関係で休日となった。やや涼しい気温が幸いして、様々な準備が進んだ。
10月の情報処理技術者試験の申し込み、証券会社へのマイナンバーの通知、忘れていた会員証の更新手続き、さらには迫っていたネットショップのセール締め切りに間に合うようショッピングなどなど。

明日とあさっての放送大学の単位認定試験の準備もし、これはさすがに合格確実とは断言できないものの、何となく気分は試験モードに入ってきている。
この勢いで頑張ってみたい。

 
posted by ぶひぞう at 04:26| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

梅雨の戻り


猛暑が続き、梅雨明けが宣言されたと思ったら関東は「梅雨の戻り」である。
寒いとまでは言わないが、涼しい日が続いている。
しかし台風も天気図に登場し、激しい雨が時々襲うなど、最近の夏特有のあれた天気もあり、このままの涼しさが続くとも思えない。

この週末の放送大学の単位認定試験が終わると、次の大きな試験イベントは10月の情報処理技術者試験だろう。そのほかの試験も合間に受けていこうかなと思っているので、忙しさが続く夏になるだろう。

 
posted by ぶひぞう at 10:15| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

ラストスパート


次の土日は、放送大学の単位認定試験を受験することになっている。

土曜日に1科目、日曜日に3科目。特に土曜日の科目は合格の自信がない。
それでも、いつものとおり開き直りの精神で受験してこようと思う。全部合格すると卒業要件を満たすし、もしだめでも次学期の再試験を他の科目で単位が上積みできればよい。

少しでも点数を稼げるようにしっかり準備していきたい。

 
posted by ぶひぞう at 04:33| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

本当に、やるんだねぇ


東京オリンピックまであと3年という節目となり、様々なイベントが開かれたようだ。
賑やかなイベントは嫌いではないが、それでもあえて、疑問をひとつ。

本当に、こんな暑い7月〜8月にオリンピック・パラリンピックを開催するのだろうか。連日の真夏日・猛暑日が続くのがこの季節の常識となってしまった。さらに昨今は各地で豪雨被害もでるようなシーズンだ。3年後の今頃、東京地方が猛暑と豪雨、それに台風が襲来したら、地震が来たら、ミサイルを撃たれたらどうするのか。「縁起でもない。そんなことを口にすると、本当に来るから言わない」という言霊の希望的観測ではなく、もし来たらこう対処すると備えるのが危機管理というものだろう。

今からこんな発言をしていたところで誰も相手にはしてくれず、直前になるとメディアでは今気づいたかのように大騒ぎする。それが過去の様々な出来事に対しての反応だったからおそらくオリンピックもそうなのだろう。それにしても、この暑い盛りに競技を行うなんて、普通に考えればありえないと思うのだが。冷房の効いた会議室で過ごしている、こういうことを決めている方々には理解できないのだろうなぁ。

 
posted by ぶひぞう at 04:44| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

家でゆっくり


昨日も外出しようかと思ったが、また明け方に足がつって痛い思いをした。しかも前回とは逆の右足である。
妻の意見では暑さの影響もあり疲れているのではということなので、外出をとりやめ家でおとなしくしていることにした。

洗濯や風呂掃除など、ふだんできない家事仕事も少しだけ手伝い、午後はTVでプロ野球を見ていた。珍しく西武戦が地上波であるので見ていったら、1時間半ほどで終わってしまい慌ててインターネットの「スポナビライブ」に切り替えて見た。有料放送とはぜいたくだが、僕の場合ケータイ電話がソフトバンクであり、さらに以前から申し込んでいる会員の特典で月利用料が500円とメットライフドームへ往復する1回の電車賃ほどの値段なのでそんなに負担は大きくない。

家でゆっくりできたおかげで疲れも取れたような感じがする。7月もあと1週間である。体調を崩さずに元気に過ごしたい。

 
posted by ぶひぞう at 04:34| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

暑さの中の観戦


昨日は、午前中はどうしても行かなければならない用事をすませて、近くの味の素スタジアムへ立ち寄った。夜にサッカーJ2リーグ東京ヴェルディ1969の試合があるが、正午ごろなのでまだシャッターも降りている。しかし敷地内のショップは開いていていつもよりゆっくり店内を見ることができた。

そしてサッカー観戦のため移動。今日はヴェルディではなく、JFLの東京武蔵野FC戦を見に武蔵野陸上競技場へ行った。改修のため、この競技場を使うのは昨日で終わりしばらくは西が丘などで戦うことになる。猛暑も予想される午後だったが、観戦スタンドを大きく樹木の枝が覆っており風もあって涼しかった。競技場の改修がどう行われるのかはわからないが、この環境はなるべく維持してほしい。ただ、電光掲示板がないのは残念だし、ナイトゲームができるよう照明設備を作ったり、せめてサッカーの試合中くらいは太鼓などの鳴り物での応援を解禁してほしいものだ。改修後、いずれオリンピックの自転車競技のスタート地点になるかどうか。そんな記事も新聞で読んだような記憶があるが、理想の環境になるのは費用的に少し無理があるのだろうか。
それはともかく、観客は500人あまりとちょっと寂しかったが試合は3対1で栃木に逆転勝ちし気分がよかった。

その後急いでメットライフドーム(旧、西武プリンスドーム)へ。昨日は夏恒例の、プロ野球埼玉西武ライオンズの特別ユニフォームの配布日だったので当日券完売の満員御礼。僕もなんとか限定のユニフォームを手に入れた。試合もライオンズの勝利が見えてきたので、途中で球場をあとに帰宅した。少し疲れを感じていたので、最後まで観戦しないのは僕にとって珍しい。
帰宅後歩数計を見ると2万歩を超えていた。疲れるのも当然のことか。それでも充実した午後であった。


 
posted by ぶひぞう at 08:41| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

充実の午後


昨日は午後からフリー。かなり暑かったが、最近参拝していない深川不動堂でゆっくり時間を過ごすことができた。平日とはいえ午後3時の護摩修行は大勢の方で賑わっている。工事中の翼殿という建物も外観はほぼできあがり、立派な姿を見せている。帰りがけに寄った富岡八幡はかなり大規模な工事中だった。驚いたのは、以前は大きな鳥居が独特の銅板を貼ったものだったのが、鮮やかな朱塗りのものに変わっていたこと。こちらも立派だが、個人的には以前の銅製の鳥居も味があって良かったように思う。

その後、夜は同期との食事会。さきに退職された方を囲んでの会だったが、久々に会った仲間との会話も盛り上がり楽しいひとときを過ごすことができた。本来の意味での「気の置けない」仲間との時間は本当に良いものである。

今日も暑くなりそうであるが、外で過ごす時間が長くなりそうだ。熱中症に注意していこう。


 
posted by ぶひぞう at 06:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

面白くないニュース


毎日、たくさんのニュースを目にするが、特に政治関連のニュースが最近面白くない。
だったら見るなと言われそうだが、それでは世の中の動きがわからない。

痛し痒しである。


posted by ぶひぞう at 01:30| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

ついに梅雨明け


昨日、関東を含む広い地域で梅雨が明けた模様であるとの宣言が出た。
いよいよ夏本番、というより感覚ではもうすでに真夏である。

東京地方は今年も空梅雨気味であり、水不足が心配されるとのこと。僕は少し前にこのブログで水は大丈夫などとちょっと調査不足のことを書いてしまった。水量が多めなのは雪解け水が期待できる利根川水系の話であって、降雨量に大きく影響される荒川水系では非常に低水準の貯水量であるそうだ。あいまいな記述でご迷惑をおかけしたとしたらお詫びしたい。

それはさておき、夏の暑さというか猛暑がかなり長期間に続くという。我が家でも数年前から、寝ている時を含めかなり長時間エアコンのお世話になっている。昔はこれほど長く使用していなかったのにと思いながらも、健康や生命の危機にもつながるので電気代は気になるもののエアコンは動作させている。
気候が変わってきているのだから、暮らしも変化せざるを得ないだろう。

 
posted by ぶひぞう at 04:37| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

いきなりのひょう


昨日は職場でも外の雲行きが怪しくなってきたと思ったら、いきなりの豪雨となった。
ぼくのいた地域や自宅の周辺は幸いなことに大丈夫だったが、各地で大粒の「ひょう」が観測され、被害もでたようだ。関東地方以外でも洪水や土砂災害もあり梅雨末期の日本列島は大荒れの天気である。
今日は昨日のようなことはないとの予想だが、少しでも穏やかな気候であるように願いたい。

 
posted by ぶひぞう at 04:43| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

みんな横並び


昨日は「海の日」。来月には「山の日」。それぞれ由来はあるのだろうが、「海」「山」が「国民の祝日」として意義深いかどうかは少し疑問に思うところだ。それでも休日が増えるのはありがたいが、日本は世界的に見て祝日が多いと聞いたことがあるように思う。

これも何でも「横並び」が好きな国民性のあらわれかもしれない。しかしこのために鉄道や高速道路などの交通機関は連休や年末年始、月遅れ盆など特定の期間に利用が集中し、観光地の施設や旅館ホテルなども極端に利用が偏っている。

僕も横並び意識がないとは言えないので偉そうなことは言えないのだが、過度の集中はよくないのだろう。少しでも負荷を分散できる妙案はないのだろうか。

 
posted by ぶひぞう at 04:39| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

暑さ続く


連日の猛暑である。しかし天気予報の気圧配置図を見ると、まだ梅雨前線が日本列島にかかっており梅雨明けを宣言するには確かにまだ早い状況なのだろう。しかし体感的にはもう夏である。
幸いなことに利根川水系などの貯水率は今のところ危険な状態ではない様子。それでも今後の天候次第ではどうなるかわからない。

熱中症に対する警告が出されているが、それでも毎日何人搬送されたというニュースが報じられている。僕も家族も熱中症にならないように少しでも気をつけていきたい。

それにしても、今年の予想である「スーパー猛暑」は当たりそうで怖い。

 
posted by ぶひぞう at 09:27| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

中止して正解?


昨日は午前中少しだけ用事があり、午後はフリーだった。
武蔵野陸上競技場で行われるサッカーJFLの東京武蔵野FCの試合をその後見にいこうかと思っていた。しかし昼食を終えて街に出ると、体感的には猛暑と強い日差し。これでは身体に悪いと思い観戦を断念し、涼しい書店で少し時間を過ごしてから帰った。帰ってニュースを見ると、全国的な猛暑であり熱中症で病院に搬送される方も続出したそうである。午後3時からの試合は暑い盛りだから、見に行かなくて正解だったのかもしれない(照明設備のない競技場なので、いくら夏だからといって約2時間かかるサッカーの試合が行われても、夕暮れとなる前には終わらなければならないから、午後3時開始というのはギリギリの時間設定だろうと思う)。

暑さのせいか、今朝は寝ているときに足のふくらはぎがつり、かなり痛い思いをした。短い時間で激烈な痛みは治まったが、まだかなりの違和感がありいつものようには歩けない状態である。足がつる原因には水分不足やミネラル不足など様々あるようであるが、このところの暑さも影響しているのではないかと思う。今日はあまり動かずに、休養につとめたほうがよさそうだ。

 
posted by ぶひぞう at 07:40| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

今年も盛況


昨日は何とか時間がとれたので、靖國神社に参拝することができた。
昼間の神社は、みたままつりの提灯に明かりが入っているわけではないものの黄色一色の光景が参道一杯に拡がり見事なものである。

僕が検討した提灯も大体いつも通りの場所に飾られていた。数年前、永年献灯、つまりいくばくかの寄付をするとその後永年にわたり提灯が飾られるという制度が終了すると聞いて、思い切って奉納した提灯である。永久とまではいかないだろうが、このみたままつりが行われる間は飾っていただけるということを聞いているので、毎年参拝するときのお楽しみとなっている。

去年は確か雨模様だったが、今年はもう夏のような気分。みたままつりが終わると梅雨明けというより、すでに夏本番なのかもしれない。

 
posted by ぶひぞう at 06:18| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

みたままつりの季節


東京を中心とした地域は、新暦でのお盆を迎える。
やはり意識の上では月遅れの盆をイメージするのだろう。あまり季節感が盛り上がるわけでもない感じだ。

それでも靖国神社では、恒例の「みたままつり」が開催されている。数年前から賛否が分かれる露店の禁止が実施されさているかが、僕自身としては露天商の方々の生活も考えなければならないが、まつりの意義として露店はない方が良いようにも思う。

みたままつりの行事は夜に集中しているが、僕は昼間にしか立ち寄る時間がなさそうだ。今日も暑くなりそうだが、僕の献灯したちょうちんを見に行きがてら参拝しようかと思っている。


posted by ぶひぞう at 03:08| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

「回数」は205


職場に献血車が来たので、昨日献血をした。炎天下で外に出るだけで大変な思いをしたが、受付などをしている方はもっと大変だろう。
僕は服薬をしているのでしばらく前までは献血が出来なかったのだが、最近は基準が変わったようで再び可能になった。それ以来1年に1回くらいのペースだが献血に協力できている。

献血を終えてカードを更新していただくと、記された回数は「205」になった。205「回」だが、実は205回にわたり針を腕に刺されたわけではない。
以前にも書いたが、昔成分献血が導入された際、促進のために成分献血だと1回の献血で2個または3個スタンプを押してくれるという「インフレ・ルール」があったので、その時にずいぶんと回数を稼がせてもらったのである。

それでもルールにのっとっているので、堂々とした(?)記録だろう。年齢を考えると、この先若い頃のような無茶はなかなかできない。それでも今のようなペースで献血していけたら、250回、いや300回まで行けるかもしれない。
献血できるというのは、ある意味健康であるということである。感謝すべきことなのだろう。

 
posted by ぶひぞう at 04:25| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

連続試験


今週末から、3週間連続の試験となる。職場関連の試験と、放送大学の定期試験になる。
うまい具合か悪い具合かはわからないが、きれいに3週にわたって受験の日が並んだ。

春の情報処理技術者試験以来である。久々の試験となるがいつも通りの気持ちで受けたい。

 
posted by ぶひぞう at 04:41| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

一応無事に終了


昨日は真夏日の中、土地の境界線の確認が行われた。

我が家と隣家との境は昨日も書いたように境界石がはっきりしており、揉める要素はまったくなかった。調査に来た土地家屋調査士の方と一緒に確認し、短時間で終わった。だがもう一軒の家とはかなり調査が長引いていたようだ。両家とも昭和30年代にここの土地が分譲された当時から住んでいる方なので問題ないのかと思ったら、境界石がどうしても見つからず、境界線が確定しなかったようだ。夕方調査を終えて帰る調査士の方の話では、結論は出ず再度仕切り直しになったようだ。

しっかりしているはずの分譲地でもこうなのだから、古くからの土地では土地の境界の確定は非常に困難な場合があると聞く。境界石がない場合も多く、「三本生える杉の真ん中」が境界(ところが現在は木が枯れている)とか、「あのお地蔵さんが境」(動かされた形跡あり)とかアバウトなものがあったり、特にに山林などは適当な場合も多いとか。さらにすごいのは、場所によってはまともな図面がなく、唯一の記録が「太閤検地」のときのもの、なんていうのがあるとか(事実がどうか、真偽のほどはわからない)。

それはともかく、土地が確定しないと売買も成立しにくいだろうし、僕には関係ないことではあるがお気の毒である。記録を正確にすることの大切さを改めて感じた。

 
posted by ぶひぞう at 04:32| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする